なんたってメモだから

ネタをめもる場所のはずが愚痴の吐き出し場所と化す。

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
それが試練ならば 後編
 後悔するな。
 自分を責めるな。
 お前が力を失った所で、ただの人間になるだけだ。
 自分のせいで防げなかったとぬかしてみろ。



 ぼくが鉄槌を喰らわしてやる。




   ******

「相変わらずの調子ですよ」
 能力の調子を問われた俺は、ありのままを答える。
「世界はわからないことだらけで怖いですし、力があればもっと役に立てただろうなぁとかも思いますし」
 辛いには辛い。
 正直、苦しい。
 けれども、今までの試練に比べたらどうという事はない。何が得られるかすらも判らなかった試練なんかより、人として――周りの人と同じように物事を受け止められるうえでの試練では、後者のほうが遥かに大きい。
 だから、耐えられる。
 諦めたりも、しない。
 だから、
「俺は、もう能力とは決別出来てるんだと思います」
 その言葉を聞いているのかいないのか、イザドルさんは携帯用の吸殻入れに灰を落とすだけでこれと言った素振りは見せない。これは何かされると怪しんだ俺は、何があっても対応できるようにイザドルさんの様子を窺う。
 しばらく沈黙が続いて、はた、と気付いたかのように、
「へぇ、そうなのか」
 かなり遅れての返答。
「関心ないんですね」
「んんん? 寂しいのかガキんちょ」
「別に寂しくないです。むしろ構ってもらえなくて寂しいのはイザドルさんの方だと思いますよ」
「………どういう意味だよ」
「娘さんたち、思春期だそうですね」
 にこりと笑うだけで、イザドルさんには伝わったようだ。
「……可愛くねぇヤツ」
 ぶすっとした表情を作りながら、イザドルさんは煙草の火を消した。
「いい大人が可愛かったら気持ち悪いでしょうに」
「まぁ、それはそうだな。同じ無愛想でもオレの娘達は可愛いぞ」
 さらりと親馬鹿ぶりと披露するのはいつもの事なので無視するとして、
「それにしても、どうしてそんな事を?」
「そんな事って、おめぇ……」とイザドルさんは何か言いたげに口を開いたが、彼はそれを飲み込んだ。「……まぁ、今まであったもんがいきなり無くなるっつーのは、正直戸惑うもんがあるだろ? だから心配してやったんだよ」
 オレは優しいからな、と背筋を伸ばして踏ん反り返る。
「心配、ですか」
「他の奴も心配してっぞ」
「そうでしょうか」
「気付いてねぇのかよ」
「今までは全部分かったんですけどね」



 まだ途中だそうですよ。

--------------------
イザドルさんの名前をまだ覚えていない作者。普通に名前には執着しないタイプなので、何でもいいかなぁとか。由来とか特に無い…。なんとなくでいいんでないとか思う訳よ。変なトコでいい加減。 途中の台詞はキャラに言わそうか。無意味なサービス。どうしよう、前後で終って大丈夫かな…。でも明らかに量が違うし…;---5/26
久々の執筆。冒頭のウェンへの言葉は、私に向けられているように錯覚する。頑張ろうと思った。---6/19
| 14:21 | 魔法物語 or Magic Story | comments(2) | trackbacks(0) |
Comment








谿コ縺励※縺紜縺ァ√◆縺。
posted by 168122 | 2008/12/02 4:36 PM |
谿コ縺励※縺紜縺ァ√◆縺。
posted by 184396 | 2008/12/02 4:44 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://memo.hai.itigo.jp/trackback/114359
<< NEW | TOP | OLD>>